キャバ嬢の愚痴を聞くお客さん

キャバ嬢の本音

昨日、私が勤めているお店の女の子が、お客さんの帰り際に出口まで駆け寄ってメアドを聞いていたのよ。

戻ってきてきいてみたら、

女の子「わーー!あの人めっちゃ好みのタイプだったから嬉しいーー!笑」って超嬉しそうだったわ!

はな「どのへんがそんなに良かったん?」

女の子「チワワみたいで可愛かった!wwww後、前に話してた内容を全部覚えてくれてた!」との事。

その嬢曰く
・何ヶ月か前に一度お店で会っていて、当時精神的に辛かった自分の話をずっと聞いてくれた
・今日久しぶりに会ったけど、その話を覚えていて心配してくれた

ってのが、嬢のハートを射止めたらしいのよね。

女の子のその後

その嬢はお客様が帰った後、さっそくLINEでメッセージを送ってたんだけど
「メールが帰ってこない」とグチりながらずっと携帯の前で待ってたし
「名前を聞いたのに教えてくんない」と不安気にぶつぶつ嘆いていたわw

さて今回のケース。
キャバ嬢ではなく、お客様が優位にたっちゃってるの、貴方もお分かりよね?

お金を払ってまでキャバクラ行って、そこで嬢の愚痴を聞くだなんて、なんだか損しているような気もするけれど

こういう形になってリターンされるのよね!キャバクラの面白いところだわ~。

 

決め手となったのは、「弱ってるところ話を聞いてくれた」「それを覚えててくれた」
の2つらしいんだけど、これって普通の女性にしても大いに喜ばれる優男の特徴って感じよね。

やっぱりガツガツしてないお客様ってのは、キャバ嬢にモテやすいとつくづく思うのよ私は!

良ければ応援して下さい!